気になる健康住宅

はじめての家づくり。

小さいお子さんを持つお母さんが家づくりで気になる点の中に、シックハウス症候群やアレルギーの事は入っているのではないでしょうか。

建材に含まれるさまざまな化学物質によって、シックハウスの症状を訴える人が増えたため、

今では内装に使われる建材はホルムアルデヒドの放散量によって、一定の規格が設けられるようになりました。

その指標となるのが「F☆☆☆☆(エフフォースター)」です。

F の後に続く☆の数によって、内装に使用できる面積が変わります。

「F☆☆☆☆」であれば使用面積に制限はなく、☆の数が減るほど使用できる面積が小さくなります。

このマークは2003年以降につくられたサッシや家具などにも付いていますので、

建材や製品を目にする機会があれば、少し注意して見てみてくださいね。

今日は一段と冷え込んでいますね。

朝のニュース番組では年末年始の寒さだと言っていました。

寒いわけだ!!!

首元(首が付くところ・首、手首、足首など)を冷やさない様お過ごしくださいね✽

 

無料相談会 随時開催中

\ まずはお気軽に「相談予約希望」とご連絡下さい /