後悔しない!キッチンの種類を知って快適なキッチンづくりをしよう♪

毎日使うキッチン、効率よく料理できていますか?
食器や調味料などの小物をスムーズに片づけられますか?
「冷蔵庫から食材や調味料を取り出すのに時間がかかってしまう」「洗った食器を棚に収納するのがめんどくさい」などの悩みがある場合は、キッチンのレイアウトや収納があなたに合っていない場合も!?

料理も片付けもストレスなくスムーズにできる様、あなたの使いやすいキッチンのレイアウトと収納を考えてみましょう☆
今お使いのキッチンのレイアウトや収納を見直すだけでなく、これからマイホームを考えている方は知っておくと自分に合ったベストなキッチンに出会えるかもしれないですよ!

動線を意識してレイアウトを決めよう

キッチンのレイアウトと収納は家事効率を左右する重要なポイント!
これを押さえておくと家事効率が大幅UPなんてことも夢ではありません。

自分の家事動線と収納が合っているかどうかを考えながら見ていくのがおススメです。
家事動線で大事なのは、冷蔵庫・加熱調理器具(ガスレンジ)・シンクの3ヶ所を結ぶ場所が適当な距離であるかどうか。
この3つを結ぶ家事動線を「ワークトライアングル」といい、この3つのバランスが取れていると効率よく家事を行えると言われています。

<理想的なワークトライアングル>

三辺の合計=360~660cm

キッチンのレイアウトの基本6種

「キッチンのレイアウト」といっても、基本的なものだけでもその種類は6つ!
これからご紹介する6パターンのレイアウトのうち、あなたの自宅のキッチンはどのパターンに当てはまるのかぜひ見てみてくださいね!
パターンを知ることで見えてくる、パターン別のおススメの便利アイテムもご紹介いたします。

I型キッチン


冷蔵庫、シンク、コンロを1列に並べるベーシックなレイアウトがⅠ型のレイアウト。
1Kや一人暮らし向けの賃貸などに多いキッチンです。
皆さん一度は使用したことがあるのではないでしょうか?

直線上に冷蔵庫、シンク、コンロが1列に並び、家事動線が左右にあるⅠ型キッチン。
Ⅰ型キッチンは横に長いため、作業スペースが縮小してしまいがち…
キッチン家電などを置くと作業スペースを圧迫してしまうため、ラックなどを活用して置き場所を確保しましょう。

最も多いタイプのレイアウトですが、最近のニーズに多い、家族のほうを向いて調理を行うことができない点がデメリットとなります。
また、横一列に冷蔵庫が置けない場合は、冷蔵庫のレイアウトによっても使い勝手が変わってくるので注意が必要です。

左右の動線距離が長すぎることによって無駄な動きが多くなり作業効率が落ちてしまうため、左右の動線距離は360㎝くらいがベスト!
動線距離が長い場合は配膳スペースにもなるラックやワゴンがあると便利ですね。

ペニンシュラキッチン


キッチンカウンターのどちらかが壁についているタイプのレイアウトがペニンシュラキッチンの特徴。
カウンターが出ている形が「半島」のように見えるためペニンシュラと言われています。

ダイニングキッチンのようなオープンキッチンに向いている形で、ペニンシュラの背面にはキッチン家電や食器を収納したり、作業スペース使用したりと様々な用途で活用することができます。
冷蔵庫を背にし、ガスレンジとシンクを同列に配置。コンロとシンクの近くに冷蔵庫を設置することで、食材の出し入れの際の動線が良くなります。
ダイニングキッチンのようなオープンキッチンに向いているタイプで、ペニンシュラ部分は作業スペース、ダイニングテーブルなど多目的に使用することが出来ます。

アイランドキッチン


上のペニンシュラキッチンとは異なり、左右のカウンターが壁についておらず、カウンターの一部を「島」のように独立して配置しているためアイランドキッチンと呼ばれています。
コンロとシンクを同列に配置して冷蔵庫を背にした配置が多いアイランドキッチンは、料理を大人数で楽しめるレイアウトです。

さらにアイランド部分にカウンターやテーブルを取り付けるとパーティーが行えるスタイルに変わり、ホームパーティや来客が多い家にはピッタリです。
存在感があるので、すこしでも散らかると目立つため、来客の際は特に気を付けましょう。
アイランドキッチンの背面には、キッチン家電や食器など小物を収納することができます。

作業スペースや動線を考えると、広いスペースが必要になるレイアウトなので、新築で取り入れる場合はその点に注意をしましょう。

U型キッチン


シンク、コンロ、冷蔵庫をU字型に配列するレイアウトです。
作業スペースと収納スペースを広く確保することが出来るため、家事動線の効率が良いのが特徴です。

キッチン家電をコーナー部分の空いたスペースに自由に置くことが出来、食器はキッチン上の棚に収納できます。

どれだけうまくコーナー部分を使うかどうかがU型キッチンの一番のポイントです。
また、通路が袋小路になるため、通路を広く確保できる様スペースに余裕を持たせられる物件に導入することをお勧めします。
シンク前をカウンターにしてオープンにすると圧迫感が減り、開放的な印象のキッチンになります。

L型キッチン


シンク、ガスレンジ、冷蔵庫をL字型に配列するレイアウト(間取り)です。
コーナー部分がある所がL型キッチンの特徴で、作業動線が短くキッチン空間の作業効率が高くなります。

コーナーをうまく活用することでカウンターや収納スペースを広く使えますが、コーナーををうまく活用できなければ面積のわりに収納量が増えないため工夫が必要になります。
デメリットとしては壁に向かって調理する場合が多いので、他の人とのコミュニケーションを図るには工夫が必要なのと、I型よりも場所を取る分、食器棚の設置スペースが確保しにくいという点があります。
オーブンや食洗器をシステムキッチンに埋め込むと作業スペースを効率良く使うことが出来るため、新築でL型キッチンを検討する方はそこも頭に入れておくと◎

Ⅱ型キッチン


シンクとコンロを対列させるレイアウトがⅡ型キッチンの特徴です。
Ⅱ型キッチンはスペースを最小限に抑えることが出来るので、作業スペースや収納スペースを最大限に有効活用できます。

収納スペースをさらに増やしたい場合はカウンターに背の高いキャビネットを設置するなどするとよりつかいやすくなりますね。

この形は振り返って作業することが多くなります。そのためシンクの真後ろにコンロを持ってくると危険なので注意が必要です。
シンクとコンロが対面しないようずらして配置するのがポイント!
シンクとコンロの距離は1人で作業する場合90㎝程度、2人なら120㎝くらいあるといいでしょう。

使いやすい食器棚収納

6つの種類のキッチンのレイアウトをご紹介した次は、家事効率UPに欠かせない収納についてご紹介します。
家事効率がUPする収納とは、食器の出し入れがしやすいかどうか!
実際にどのような収納をすると使いやすいキッチンになるのか見てみましょう。

毎日使うキッチン道具や調味料をどこに収納していますか?
手の届きにくい高い位置や、足元の低い位置に収納していたとしたら、それは家事効率のいい収納とは言えません。
高い位置には踏み台を使って物を取ったり、低い位置にはしゃがんだりする手間が発生するからです。
毎日使うものは手が届く範囲に収納するのがベスト!
取り出しやすく片付けがしやすい収納方法を見つけることで料理の腕にも磨きがかかります♪

キッチンの上部にタッパーやストックを収納

大きくて軽めのタッパーなどは取り出しやすいため高い位置の収納するのがおススメです。
吊戸棚の上段には使用頻度の低いタッパーやラップなどのストックを入れておきましょう。

吊戸棚の下段には、手を伸ばせば届く場所なので、食料ストックや、調味料、ボウルといった使用頻度の高いよく使うモノを入れておきます。
奥の方は手が届きにくいので、カゴやトレーにまとめておくと出し入れしやすい収納に早変わり。また手間も省けるので料理の効率UP!

砂糖や塩などの粉物調味料は、容器に移し替えましょう。移し替えておくことで料理をする際、パッと取り出しやすくなります。容器にラべリングをして、何の調味料かわかりやすく収納することがポイントです。

楽に手が届く位置に豆皿やグラスなど軽めのものを収納


しょうゆ皿といった豆皿などの食器は、手が届きやすい中段に収納します。小さなカゴやボックスに入れて1つにまとめて収納しましょう。
まとまっていることで、食器を奥に仕舞いこんでしまったり、うっかり落として割ってしまうということも防ぐことができます。

楽に手が届く位置にお茶碗などの深さのあるものを収納

お茶碗や小どんぶりなどの深さのある食器もカゴなどにひとまとめにして、引出しに収納すると使いやすくなります。

平らなお皿は、ブックスタンドやファイルボックスに立てて収納すると、取り出しやすくなります。
定位置を決めることで、「どこにしまったかな・・」「どこにしまおうかな・・」と考える時間も省けて、手際よく料理ができます。ただし深さのあるお皿を重ねると出し入れが大変で、お皿を傷つけてしまう可能性もあるので注意しましょう。

使いやすい冷蔵庫収納


冷蔵庫収納のテクニックをご紹介します。
使いかけのハムや食べかけのお菓子などは、ボックスにまとめて収納します。1つにまとめておくことで、「早く食べる」という意識が高まり使い忘れてしまったということを防げます。
冷蔵庫の上から2段目、もしくはドアポケットの上から2段目の目線の位置に収納することをおすすめします。
またパン食セット(ジャム・バター)や、ご飯ものセット(鮭フレーク、佃煮)のように用途別にトレーに入れておくと、たとえ慌ただしい朝でも短時間で用意ができます。

納豆や豆腐など賞味期限 の短いものも、使い忘れることがないようにトレーやカゴにまとめて目線の位置に収納します。
また反対に賞味期限に余裕があるものは、冷蔵庫の一番上にトレーやカゴにまとめて入れて収納しましょう。

まとめ


使い勝手の良いキッチンのレイアウトと、食器や調味料を取り出しやすい収納にして、家事を楽しみましょう!