平屋もいいかも♪建て方次第で理想の家を実現!アイデア満載の平屋でコンパクトな暮らし

近年再び注目されている平屋建て住宅。
ワンフロアで構成される空間は階段やそれに伴う動線が不要なため、空間を効率的に使うことが出来ます。
構造上の制限を受けることもないため、間取りの自由度が高いことも特徴なので、それぞれの家族のライフスタイルにあった住まいを作ることが出来るのです。

今回は平屋建てのメリットとデメリット、平屋建ての間取りのポイントをご紹介いたします。
自分の家族のスタイルにあった家づくりの参考にしてくださいね。

新築平屋住宅のメリット

その1:階段移動がない

上下移動の負担がないというのは平屋の最大の特徴です。
部屋移動がしやすいということはその分生活のストレスの軽減にもなり、住みやすさに繋がりますよね。
段差による転倒や介護が必要になった際、移動の不安が少ないのも平屋が選ばれる理由の一つではないでしょうか?
階段がないため高齢になった時の階段リフォームの必要がないため、長く住みつづけられる家として平屋建てを選ぶ方も多いのではないでしょうか?

その2:地震に強い

平屋は地震に強いといわれています。
2階の重量を支える必要がないため、2階建ての1階よりも圧倒的に荷重が少なく、受ける地震力が相対的に低くなるのです。
地震力が少なければ建物の損傷リスクが少なくなるため、地震の際の倒壊・崩壊のリスクも抑えられるんです!

その3:設計の自由が高い

耐震壁量が2階建てよりも少なくて済むため、開口部や窓の設置、柱や壁が省略できるため設計の自由度が高くなります。
大きな窓を設置することができたり、部屋と部屋を大きな間口でつなぐことが出来たりするため、視界が抜けて開放感を得ることが可能になります。
2階の柱の位置などを気にする必要がないため広々とした間取りを作ることもできるんです。

その4:コンパクトですむ

平屋は2階建てよりも多くの土地を使うため、地価が高ければ高いほど贅沢な建て方といえます。
よって土地にゆとりを作りながら各部屋をワンフロアで納めようと「面積効率がいい間取り」を目指します。
平屋の最大のメリットである「移動負担の少なさ」は動線計画をしっかりと立てることで決まってきますが、コンパクトな間取りを作ることにも通じます。
「小さくて中身が充実している」ことがコンパクトの場合は大事なこと。
2階建てでないから1階に2階分の機能をただならべるというだけでは住みやすい家にはなりません。
移動効率がよく、動きやすい、無駄がなく自分の生活スタイルにフィットするのが平屋建ての魅力です!

その5:メンテナンスが楽

長く住み続けているうちに、家の外壁の塗装や修繕、害虫駆除、雪の降る地域なら雪下ろしなどさまざまなメンテナンスの必要が出てきます。
これらは2階建ての場合プロにお願いしますが、平屋建ての場合だと自分ですることも可能です。
窓掃除などもすべてに手が届き、きれいな家を維持するのは2階建てよりも楽だといえます。

新築平屋住宅のデメリット

その1:2階建てよりも坪当たりの工事費が高くなる

平屋建ての場合、2階建ての家よりも基礎工事や屋根の面積が広くなるため坪単価が高くなります。
階段や外壁の工事費は2階建てより工事費を抑えることができますが、それを差し引きしても坪当たりの工事費は高くなる場合が多いです。

その2:土地を多く占有してしまう

屋根と基礎の面積が広くなることから、土地の占有率が増え、土地の余剰空間が減ってしまうというデメリットがありあります。
当然、家が土地ギリギリに納まればいいというわけではなく、「建ぺい率制限」を守らなければいけません。
さらに家だけではなく庭や駐車スペースも入れたいという場合もあるので家以外にもそれなりの場所が必要になりますよね。
建ぺい率制限は、厳しいところでいうと30%が指定されているところもあります。
これは「建物が占有する土地の面積は、その土地全体の30%まで」ということ。
なので、平屋を検討している場合土地選定の時点で計画が可能なのかどうかを見極めておく必要があるのです。

その3:日照や眺望が悪い

平屋の特性としてやむおえない部分ですが、2階建ての場合に容易に得られる日照や眺望が得られにくくなってしまいます。
そのため何らかの形で明かりを取りこむ必要があります。
大きめの窓で取り入れられる場所からたくさんの光を取り入れられるようにしたり、壁側でない部屋でも調光をうまく取り入れることで、家全体を明るく見せることが可能になります。

その4:周囲の視線を受けやすい


2階にいると周囲の視線をあまり気にしなくなりますが、それに比べると1階は何かと周囲の視線が気になります。
それだけ1階は視線を受けやすい位置にあり、全てが1階にある平屋建ては周囲の視線を緩和するための配慮がより必要になります。
生垣でナチュラルに目隠しをしたり、木製のおしゃれな目隠しもありますので雰囲気を損ねないで視線を遮断して快適な空間にしましょうね。

その5:防犯上の弱点が増える


全ての窓や出入り口が地上に接しているため侵入されるリスクが高まるため、それに対する対策をしっかりする必要があります。
平屋の防犯対策として、まず間取りに中庭を組み込むこと。中庭があることで中庭に面する外壁に大きな窓を開けて十分に家の中を明るく開放的にすることができるため、外側に面する外壁に大きな窓を開ける必要がなくなります。
それによって、人が通り抜けれるような窓が外側になくなり、非常に効果的に防犯性を高めながら、同時に住まいの快適性も保つことができる防犯の方法となります。
外観としても非常にすっきりとしたデザインの家とすることも可能となります。
その他には家の周りに砂利をしいたり、玄関部分にセンサーライトを設置するのもいいですね。
生垣で周囲からの視線を遮断しようとする場合は、防犯的には泥棒が身を隠せる場所を生んでしまうため、設ける際は外からの視線をソフトに遮るデザインのものをおススメします。

平屋の間取りで失敗しないポイント!

外壁と外溝を一体化させる

平屋の間取りを計画する際、生活を全て1階に持ってくる為、生活感を外からなるべく見せない工夫も必要になってきます。
図のように、家の外壁を敷地いっぱいにまわす事で、外から生活観がみえない工夫をする方法をとっています。(特に今回のような南側接道の土地の場合)
こうする事で、LDKや寝室に大きな窓をとっても人目を気にすることなく生活できるようになります。
また、建物と外構が一体化されますので、平屋において難しいとされる外観づくりも素敵なものが出来やすくなります。

建築面積に入らないロフト&吹き抜け

平屋の間取りで次に検討しておきたい所として、家の広さです。
核家族化が進み、家に住む人数が少なくなってきた最近は必要以上に部屋の大きさを取る必要がなく、どうしても各部屋の大きさが小さくなってしまいがち。
平屋は余計な廊下も省きやすく、必要な空間以外をなるべくとらないようにしようとしがち。
しかしなんでも省きすぎてしまうとまとまりすぎてコンパクトな印象になってしまうため、収納やちょっとした空間を設けておくと、生活にメリハリも作れます。
そうした対策を考えた時、この吹抜け+建築面積に入らないロフトは、ポイントになってくると思います。
LDKに吹き抜けとロフトを設けることで、小さくなりがちなLDKの大きさに空間の広がりを持たすことが出来ます。

開放感をどれだけだせるか

部屋をどれだけ広く見せられるかも平屋を設計するときの重要ポイント!
大きな窓を入れることによって部屋と外との区切りを無くすような工夫をし、2階がない分上を抜きやすく光を取り入れやすいという独自のメリットがあるためそれを利用して開放感を出し空間を広く見せることが出来ます。
これらを活かした計画を建てると、素敵な家づくりが出来るようになりますので、覚えておくと良いですね。

外観でおしゃれな平屋に

せっかく家を建てるので、長く愛着を持てるおしゃれな家にしたいですよね。
より深く平屋の特徴を知ればおしゃれな平屋を作ることが出来るんです。

外壁

一番人目につきやすい外壁はその家を印象付ける大事な役目を担っています。
定番の白でクリーンさをアピールするもよし、グレーや黒でスタイリッシュさを演出するもよし。
色だけでなく外壁材によっても印象は様々です。

2・3階建てでない分、住居スペースを横にとる平屋は、外壁がその家の印象を左右します。
外壁の色・質感がおしゃれ平屋の外観の最大のポイント!といっても過言ではないのです。

窓、開口部

外壁の次に目立つものが窓です。
平屋は外壁面積が2・3階建てに比べ少なく見える分、窓にも目が行きやすくなります。
おしゃれな平屋にするには、家の外部・内部を自然に区切るカーテンやブラインドにも気を配っていきたいですね。
全部が1階に面している平屋だからこそ、外からの視線を遮るためにもカーテンやブラインドを家のイメージに合うおしゃれなものをチョイスしましょう!

プライバシーを守りつつ開放感を得たい場合は、中庭を設けるのもひとつの手。
家をロの字型、コの字型にして中庭を作り、そこの大きな窓を設けることで外部からの視線を遮りながら明るさや風通しを確保することができます。
安心なちょっとした庭ができるため、子供の遊び場確保や友人とのバーベキューなどにも使えますね!

屋根

屋根も家の印象を左右するものですよね。
多くの平屋で取り入れられているのは「片流れ屋根」です。
屋根が一方向に傾くよう設けられた屋根のことで、その角度によって家を大きく見せることが出来、工夫次第でロフトを設けて1.5階を作ることが出来ます。

外壁と同様、横に広くなりがちな平屋にとってイメージの要なので外壁とセットで慎重に吟味するのをおすすめします。
外壁との色合いと素材感を丁寧に合わせることがおしゃれなお家づくりのポイントです。

テラス、ウッドデッキ

テラスやウッドデッキも平屋のおしゃれポイントとして有効なもの。
実用的な面でも家族の集いの場や、洗濯物や布団干しの際に使う場として大活躍します。
できれば事前に周囲の自然環境を見て置き、庭に植物を植える場合はテラスやウッドデッキが庭の雰囲気にマッチするか、成長するにつれウッドデッキに干渉しないか、全体のバランスがとれているかなどをしっかりと考えましょう。

まとめ

使い勝手が良く家族の生活スタイルにフィットした平屋は、今も将来も長く住める長く愛せる家になります。
結婚をして子供が生まれ、成長し、その子供が巣立った後はまた夫婦二人の家になります。
年齢を重ねても暮らしやすい、ライフステージに合わせて住みやすいのも平屋の魅力ですよね。
そんな魅力たっぷりの平屋、ぜひ検討してみてくださいね!
押見工務店の施工事例でも素敵な平屋建てをご紹介していますのでぜひ参考にしてみてください☆
<施工事例はコチラ>